ホンダシャトル

納車から11ヶ月なのですが、今月頭に1年点検の案内がありました。

そこで、予約を入れて今回1年点検を行いました。

新型シャトルとの比較

今回ボディコーティングのメンテナンスを別料金でお願いしたので、8時間程かかるという事で、代車を出してもらったのですが新型シャトルでしたww

今年5月にマイナーチェンジしたんですよね、シャトル。

これはいいチャンスという事で、モデルチェンジ前の私のシャトルとモデルチェンジ後の現行シャトルの比較をしたいと思います。

まずはフロント。引きのシャトルだと違いが分かりにくいので、私が気になった部分を拡大してみます。

ホンダシャトル

こちらは私の前期型シャトル。

こちらは代車の後期型シャトル。

フロントバンパーのサイドとフォグランプのデザインが変更されているのが分かります。新しいフォグランプはLEDランプになってます。そこはいいなぁと思いますが、デザイン的には私は前期のほうが好みですww

続いてリヤ。こちらは私の前期型シャトル。

こちらは後期型シャトル。

写真の距離が違ってて分かりにくいですが、リヤバンパーの下部のデザインが変更しています。後期型はスッキリした印象になっていますね。テールランプのデザインも変更されています。こうして並べてみると結構変わっているのが分かります。

こちらは私の前期型シャトル。

こちらは後期型シャトル。リヤフェンダーからリヤバンパーのデザインが変更されていますね。後期型シャトルはシャープな印象のデザインですね。私の前期型シャトルは常々「お尻がデカいw」と思ってたのですが、後期型シャトルはそんなことないデザインだと思います。

内装の比較

こちらは私の前期型シャトル。


こちらは代車の後期型シャトル。

前期型はグレードがハイブリッドXで、後期型はハイブリッドZなので、比較としては公平ではないと思いますが。

Zはシートに高級感がありますねぇ。しかし、私のXは内装色をアイボリーにしているのですが、この色の設定がXでもなくなってしまったそうです。

乗り心地や運転感覚は特に変わりはないと感じました。代車はタイヤが16インチでしたが、違いは感じなかったです。燃費にはちょっと影響があるようですが。

そこまでの違いがないせいか、私は前期型がいいなぁと思いました。自分で持ってるから、馴染んでるという事もあるかと思いますが。

1年点検について

11ヶ月での走行距離は15200キロほど。まぁまぁではないでしょうか。

1年点検では、エンジンオイル交換、オイルフィルター交換、ドレンプラグ交換をしていただきました。ほかにもチェック項目があると思いますが、異常なしとの事でした。

あとは、別料金でボディコーティングのメンテナンスとエアコンフィルター交換をしていただきました。

前もって予約していたので、予期していた訳ではありませんが、台風の翌日に洗車をしてもらえたのでとても助かりました。

ガソリンスタンドはどこも洗車で行列が出来てましたからねぇ。

50kurone

おすすめの記事