アンダーアーマーカリー8

フロークッションが気になって仕方なかったw

限定モデルは普段履きには勿体ないからとズームライズ2を購入したので、限定モデルであるカリー8は買わないつもりでした。

しかし、カリー8が発売されて概要を見てみると「新開発フロークッション搭載」と書かれていました。

 

そもそも私がバッシュを普段履きにするようになったのは靴に高いクッション性を求めたというのが理由の一つです。

説明を見ると売りとしては、グリップ性のようですが、履いた人の感想を見るとクッションの評価も非常に高い様子でした。

こうなりますともう、気になって気になって夜も6時間しか眠れない日々が続きましたwww

 

アンダーアーマー カリーフロー8 WISH FLOW

 

なるべく考えないようにしていたのですが、ある休日の朝。

5時に目が覚めてしまい、半ば朦朧とした状態でポチっていましたwwその後二度寝して起きた時には「あれは夢だ」と思ってたのですが・・・

スマホを確認してら、注文が通ってましたww

アンダーアーマーカリー8

カリー8から採用れた新しいカリーのシンボルが・・・

 

 

 

アンダーアーマーカリー8ウィッシュフロー
カラーは白を選びました。

履き口が特徴的ですね。シュータンというパーツが無く靴下状の履き口になっています。

このタイプは履く時に必ず履き口周りを手で広げる必要があるので、座った状態でないと足を入れる事が出来ないといっていいと思います。

 

アッパー周りはニット素材のメッシュが使用されています。通気性は抜群です。

しかし、素材自体が吸水性のある物が使われているので、雨の屋外では履けないと思います。

この辺りは以前アンダーアーマーにあった「ヒートシーカー」というバッシュに似ています。

アンダーアーマーカリー8

踵部分のパーツが光を反射する感じになっていてイイ感じだと思います。

実際に履いた感じ

アンダーアーマーカリー8

アンダーアーマーカリー8

サイドにも光を反射する素材が使われています。

踵から踝にかけてと足首部分のホールド感はハイカットを履いているような安定感があります。ミッドカットなんですけどね。

内側に土踏まずの部分に当たる感じがあって、サイドステップする時に良さそうな感じがします。

 

私はサイドステップしませんww

 

私が1番重要視するクッション性は・・・

あくまで個人的な感想ですが、とても良いクッションだと思いますが、ズームライズ2の方が、僅差で上かなぁと思います。

バスケットをプレーする人だとまた違う感想かもしれませんが、普段履きだとそう感じました。しかし、気になる程の差ではありません。

 

カリー8の売りであるグリップ性ですが、近所のスーパーに履いて行ったらなんか違う感じがしました。

他のバッシュ履いて行ったらキュッキュ鳴った事があるんですよ。しかしこの靴は一切鳴りません。

これは屋内のバスケットコートのフロアではなかなか高性能のグリップ性なのではないかと思います。

 

私はフロアに立つ事無いとおもいますがww

 

アンダーアーマーカリー8

普段履きには勿体ない1足

100歩譲って屋外コートでのプレイで使用するなら・・・

それでも数量限定販売という事を考えると勿体ないかなぁと思います。

さすがに、砂埃でジャリジャリな屋外コートだと滑るとおもいますし・・・

 

耐水性の問題で、これから梅雨に向かって雨が多くなる時期にはあまり外で履けないかなぁと思います。

 

おすすめの記事