jelly / Pixabay

こないだの休みに母と二人で祖母の家に行き3人で昼ご飯をたべました。

 

この夏に母方の祖父が亡くなりました。

医者嫌いだった祖父は病院に連れて行くと、医者や看護師にケンカを売るような態度をとるので、家族も病院に連れて行くのを嫌がったりしたものです。

 

その結果、気付いた時には癌が全身転移し末期症状となり「もうなんでも食べさせて」と言われましたが、そこから、1年ちょっと持ちました。

 

退院して在宅看護になり、訪問介護や在宅医療のお世話になっていました。

 

呼吸困難になって、救急車を呼び、入院してから、10日ほどでしたね。

 

亡くなってから忙しい

 

Didgeman / Pixabay

通夜、葬儀から四十九日までは忙しく人の出入りも激しいですからね。

 

 

私達は車で40分ほど離れたところに住んでるのですが、やはり普段と違って頻繁に行く事になってました。

 

母は週2回くらい、私と父親は1回づつは行ってました。

 

 

 

日常に戻ると・・・

 

私達は少し離れたところに住んでるので、元々祖父母の家に行く頻度は低かったのです。

 

離れたと言っても車で40分の所なのに、祖父が元気な頃私は盆と正月くらいしか顔を出してませんでした。

 

子に当たる私の母親の兄弟たちはさすがに、もっと顔出してたと思いますが、私達孫は皆そのくらいの頻度のようでした。

 

私達より近くに住んでる肉親は居ますが、やはり日常の生活もあるので、祖母は一人の時間が増えているようでした。

 

かくいう私も法事が一通り終わったら顔を出さなくなって、今回1ヶ月ぶりの祖母の家でした。しかも、私の母親の用事が目的で出掛け、近くを通るからちょっと顔出そうという感じでした。

 

午前中に母の用事が済み、祖母の家に行きました。ちょっと昼ご飯には早い時間でしたが、母が「なにか、買ってきてほしいものは無いか?」と聞くと祖母は「ケンタッキーのチキン」と言いました。

 

Generation1988 / Pixabay

「ケンタッキーのチキン」は祖父が好きでした。

 

 

祖父はなんだか、こだわりがあって、「あそこの店のケンタッキーが食べたい。うちの近くのは良くない」といい、私の家の近くにある店舗を指定して「買ってきてくれ」と生前頼まれたものです。車の運転が出来た頃は自分で買いに行って、うちに立ち寄り「ケンタッキー買ったから、食べろ」とうちの分を置いて帰った事もありました。

 

 

そこで、祖母にケンタッキーのフライドチキンを買って持って行って、私達も一緒に昼ご飯を食べることにしました。

 

 

一緒に食べる食事は楽しく、美味しい。

 

頼まれたチキンを買って行って「私達もここでお昼食べていくよ」と家に上がりテーブルに着くと「お茶がいいか?アイスコーヒーもあるよ、パックのだけど」と飲み物進められました。

 

母が、チキンを仏壇に供え、私達も食べ始めました。

祖母は私にもっと食べなさいと勧めながら祖母自信も「そんなにたべられるの?」と思うくらい食べてました。

 

 

母といろいろ話ながら食べてましたが、やはり娘との食事は楽しいんだろうなと思いました。

 

私の母は最近、祖母の家までの車の運転がしんどいようで、一人ではいかなくなってます。

 

なのでなるべく私が連れて行ける時には面倒な顔をせず、連れて行かないといけないなとおもいました。

 

 

という訳で、祖母と母と3人でランチをした話でした。

 

おすすめの記事