Kotzin / Pixabay

アイキャッチ画像はシャレですw

 

ちょっと老化について書いておこうと思います。

 

若いうちに老化の基準を決めておく。

 

10代の頃より20代は距離の移動が厳しくなった。

30代は20代より夜更かし後の翌朝がキツくなった。

40代は30代より酒が残る。

などなど、個人差もありますし以前大丈夫だった事がしんどくなったからといって即老化と決めつけるべきではありません。

 

特に体力は個人差に左右されます。

運動能力(運動神経ではありません)によりますし。

運動の習慣や食事の習慣を見直す事で肉体の老化を遅らせる事は可能だそうですので一概には言えません。

 

そこで、若いうちに知識として「年を取ると体に起こる」事を知っておく事は有意義な事だと思います。

 

私は若い頃、健康に気を使っていた訳ではありませんが、「将来こんなことが起こったら観念して老化を認めなければならない」という基準を20代半ばで見つけ、それを基準に日々の生活を送ってきました。

 

ちなみに、私の基準は運動による肉体の維持では遅らせる事は無理だと思います。

 

食事習慣の改善によって遅らせる事は可能かもしれませんが、かなりストイックな生活になると思います。

 

私の老化の基準は「白髪」

 

私は20代の後半には髪の毛に白髪が混じってきました。

 

40代も半ばに差し掛かる現在では、髪の毛の約半分は白髪かと思います。

 

実は何年も前から理容室で白髪染めをしている為、自分でも現在どんな白髪具合か分からないのです。

 

なので、頭髪の白髪は基準ではありません。

 

では、なんの白髪を基準に置いたでしょう?

 

これ以降は現実と向き合うのが嫌な方もいるでしょうからそういう方はここで引き返してください。

段落多めに開けておきます。

あ、広告をここにいれておくかなww

 

 

 

 

髪の毛以外の白髪

人間の体はいろんな場所に毛が生えてます。

 

私の場合は沖縄県人特有らしい毛深さがありますねぇ。

 

腕や足の毛に白髪が混じるのは30代後半からありましたが・・・

そりゃ、ちょっとはショックですが、この程度では老化とは思いませんでした。

 

 

上で髪の毛の半分は白髪と思われると書きましたが理由があります。

私は会社員なので、出勤の日は毎日髭を剃ってるのですが、休みの日の翌日に鏡見ると髭の半分が白髪なんですよね。

私が「ここに白髪が出てきたら老化だ」という基準を置いたのはとある本を読んだからです。

以下引用させて頂きます。

 

 

一瞬、「ハハ若ジラガでやんの」などと呟き、眼前に提示された現実をごまかそうとした。 しかし、どう考えても「陰毛の若ジラガ」は詭弁である。それはおそらく、目の前の虎を称して猫だと言い張るに等しい。

浅田次郎著 勇気凛々ルリの色 第三巻 「福音について」より

 

 

 

 

 

私からは以上ですw

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おすすめの記事