geralt / Pixabay

今はいろいろなポイントが街のいたる所で発行されていますね。

 

 

様々なお店で貯まる共通ポイントやスーパーなどの独自のポイントが本当にたくさんの種類があります。

 

こういったポイントを利用して節約に繋げたいという方も多いと思います。

 

かくいう私もそういう思いで貯め始めたポイント初心者です。

 

沖縄で貯めるとお得なポイントは?

 

楽天やアマゾンのようなネット通販を頻繁に使う方はそれぞれお得なポイントの貯め方がネット上にたくさんあると思います。

 

しかし、沖縄はネット通販を使うと送料が高い場合が多いです。

「送料無料(沖縄、離島を除く)」なんて書いてあるのをよく見かけますねぇ。そして、送料をプラスされると地元の実店舗で買った方が安いという場合がけっこう多いと思います。

 

私はネット通販をほとんど使わないので、主に私が使っている沖縄の実店舗でお得になるポイントを比較してみたいと思います。

 

イオンのポイント

沖縄にもイオンが増えてきましたね。沖縄最大のショッピングモール(2018年1月現在)イオンライカムを始めマックスバリューも増えてきてます。

 

 

那覇市に住んでいる方達から「マックスバリューは繁華街の近くでも安いのでよく買い物する」と聞きます。

 

那覇の繁華街の近くだと、観光地価格のお店も結構あるんですよねw

 

マックスバリューで頻繁に買い物をするなら、イオンのポイントが貯まるポイントカードを持っていたいですね。

 

イオンのポイントをガチでしっかり貯めたいという人なら、イオンのクレジットカードを作るのがポイントを大量に貯める近道ですね。

 

イオンカードも種類が多いですが、一番ポイントが貯まるのはイオンカードセレクト
ですね。

 

 

イオン銀行の口座と一体型のクレジットカードなので、イオン銀行の口座を作る必要がありますが、クレジットの引き落としをイオン銀行の口座にすると、かなりポイントが貯まります。

 

 

また、クレジットカードなので、イオン以外のお店でも、クレジットカードが使えるお店なら、イオンのポイントを貯める事が可能です。

イオンカードセレクト

 

 

サンエーポイント

沖縄のローカルのスーパーで大手のサンエーはedy機能付きの「サンエーedyカード」を発行しサンエーポイントという独自のポイントを付与しています。

 

このサンエーedyカードはクレジットカード嫌いが多い沖縄において、電子マネーのedyの普及に大きく貢献していまして、「サンエーさんが導入するならうちもいれなきゃ」というお店が非常に多かったそうです。

利用者側に「クレジットカードじゃありませんよー」と呼び掛けていろんな場所に現金チャージ機を設置しています。

 

 

サンエーedyカードで貯まるポイントは「サンエーポイント」になりますが、このポイントは1000ポイント貯まると、サンエーのレジで店員さんから1000円のサンエー商品券がもらえるという形式になります。

 

ポイントは200円で1ポイント貯まります。edyが使えるお店ならどこで使ってもサンエーポイントが貯まります。

 

サンエーedyカードの注意点、というかサンエーというスーパーで買い物する際の注意点になりますが、ポイントの2重取りを嫌いますね。サンエーedyカードは提示して、現金払いでもポイント付与されるのですが、提示して、クレジットカード払いにしようとすると、「サンエーポイント付かなくなりますが、宜しいですか?」と聞かれます。

 

「サンエーedyカード」でグーグル検索かけると、ポイント2重取り出来なかったという文句を書いている記事が1ページ目にありましたw

この方はサンエーカード提示して楽天edyで支払いをしようとしていたみたいですが。

 

ちなみに「サンエーedyカード」は私の母親がメインカードとして使っています。

 

母親、クレジットカード嫌いなんですよw

 

 

Pontaポイント

Pontaポイントは沖縄では主にローソン、ケンタッキー・フライドチキン、大戸屋、シェルのガソリンスタンドで貯まります。

 

私は仕事に出勤前に毎日ローソンに立ち寄るので、Pontaポイントも貯めています。

 

こちらも200円で1ポイント貯まります。

 

注意点としては、ケンタッキー・フライドチキンやシェルのガソリンスタンドでは、提示して現金払いでのポイント付与になります。やはり2重取りを嫌いますねぇ。

 

沖縄ではシェル石油のガソリンスタンドは多くないのですが、車社会なのでガソリンをお得にしたいと思う方は多いかと思います。

 

そんな方にはシェルPontaクレジットカードをオススメします。

 

シェルのガソリンスタンドでは200円ではなく、ガソリン1リットルに対して1ポイントが付与されます。今は1リットル130~140円くらいなのでお得ですねぇ。そしてクレジット払いの場合にはクレジットポイントも付与されます。

 

注意点は上で書いた事と重複しますが、他のクレジットカードでシェル石油で支払いしようとするとPontaポイントは付与されません。基本的には現金会員へのポイント付与となっており、シェルPontaクレジットカードは特別にポイントが付与されるクレジットカードになっています。

 

もちろん、ローソンなどのPontaポイントが貯まるお店でもクレジットカード払いでお会計をしたら、ポイントが貯まります。

 

 

【Ponta最強クラス】シェルPontaクレジットカード

 

Tポイント

沖縄はTポイントが貯まるお店が本当に多いです。

 

コンビニならファミリーマート、スーパーならタウンプラザかねひでやリウボウストア、ホームセンターならさくもと・・・沖縄のガソリンスタンドの店舗数はエネオスが多いですから、エネオスでもTポイントが貯まります。また、ドラッグイレブンのようにTポイント10倍dayがあるお店の場合その日は結構混雑しますねえぇw

 

 

さらにアパートの家賃の支払いでTポイントが付与される不動産屋さん、何十万円もの買い物になる、中古車屋さんにもTポイント付与してくれるお店があります。

 

 

そして、Tポイントは他のポイントと2重取りがしやすいのです。先述のイオンカードセレクトやサンエーedyカード、シェルPontaクレジットカードなどのカードで支払いをしても、Tポイントカードを提示したら200円に対して1ポイント付与してくれるお店が多いのです。

 

沖縄県民の6割以上は持っているといわれるTポイントカードですが、さらにお得に貯めたいと思うのならやはり、Tポイントに対応したクレジットカードを利用するのがTポイント大量取得の近道ですね。

 

 

Tポイントが貯まるクレジットカードは幾つかありますが、私が実際に使っているのは年会費無料【YJカード】です。

 

yahoo! JAPAN系列のYJカードはTポイントが貯まるクレジットカードとしては100

円に付き1ポイントと付与率が高く、またyahoo!JAPANのサービスを使う方にお得になるクレジットカードとなります。

 

携帯電話をソフトバンクかワイモバイルを使っているとさらにお得にTポイントが貯まります。

 

ちなみに、私はこのカードで貯めたTポイントで新しいプリンターを買いました。

18000ポイント貯まりまして、送料負担しても大丈夫だったので、yahoo!ショッピングで買いました。

 

その後も使い続けていまして、今は5000ポイントほどあります。

 

 

年会費無料【YJカード】

まとめ 沖縄でお得にポイントを貯めるには

 

私のやり方はTポイントが貯まるクレジットカードを使い、イオンやPontaカードを提示してポイントの2重取りをしています。

 

しかし、イオンやマックスバリューでいつも買い物をするというようにご贔屓のスーパーに独自のクレジットカードがある場合にはそちらのクレジットカードがお得になる場合がありますので、その場合にはイオンカードを使いTポイントは提示しての2重取りというような使い方でも良いと思います。

 

 

ポイントをお得に貯めるために必要な事は日常の支出を出来るだけカード払いにする事だと思いますので、携帯代や電気料金などの固定費、毎日の食料品の買い物を出来る限りクレジットカード払いにする事ですね。

 

 

 

その際に注意する事は2回以上の分割払いやリボ払いは使わない事です。分割金利でポイント貯めた分なんて吹っ飛んでしまいますからね。リボ払いにするとポイント何倍とかのキャンペーンがあったりしますが、使わないほうがいいと思います。

 

クレジットカード会社からの請求が支払えなくなったら、大変ですから一括払いで払えない物はなるべく買わないという事が大事ですね。一括でクレジットカード会社に払えてるうちは借金ではありませんが、払えなくなったらそれは借金になってしまいますから。

 

 

今回私が上記にて紹介したクレジットカードはすべて年会費無料のカードです。

(シェルPontaクレジットカードは1年に1回以上シェル石油で使わないと年会費が発生しますので、注意してください。)

 

 

計画的に使ってお得にポイントを貯めて家計の足しにしましょう。



おすすめの記事